なんにでも興味を持つ性分なので多彩なジャンルでお届けします。


by kuri9630
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
板尾創路の長編映画デビュー作。

どんな刑務所に収容されても驚異的な身体能力と
奇想天外なアイディアで脱獄する男・鈴木雅之。
人は彼を「脱獄王」と呼び、英雄視していた。

しかし、何度脱獄してもすぐに捕まる。
しかも、必ず線路沿いを逃げていて捕まる。
そしてまた刑務所に収監される。
そしてまた脱獄する。この繰り返し。

看守長ほか登場人物も、観ている側も、
徐々に何かおかしいと気づきはじめる。
なぜ脱獄を繰り返すのか?目的は何なのか?

脱獄を繰り返し、徐々に重い罪で収監される鈴木雅之。
ついには島全体が「檻」ともいうべき刑務所に。

ここで鈴木雅之が人生をかけた真の目的が明らかになるのである。

ハッピーエンドでもなく、感動するでもなく、
あんなかたちの落としどころでまとめたこの作品は、
お笑い芸人・板尾創路のこだわりが感じられる。
アレが監督した作品よりよほどおもしろい。


ーーー以下ネタバレ注意ーーー


鈴木雅之が人生をかけた真の目的とは何なのか?
子供の頃に生き別れた父親に会うためだった。

鈴木雅之が父親に会ったときの思い出。
それは父親が追いかけられている最中だった。脱獄したのか?
鉄棒をしていた鈴木雅之と少し話をする程度。
追っ手が近づいてきたためにすぐに逃げていく。線路沿いに。

父親の胸には「富士」の入れ墨。
鈴木雅之の胸には「逆さ富士」の入れ墨。
鉄棒で逆上がりしたときに父親の入れ墨を見た印象が強いらしい。

小さな罪で捕まっては脱獄を繰り返し、徐々に重い刑に処せられる。
借りがある看守長が休みの日にあえて脱獄をして看守長の立場を守る鈴木雅之。
人様に迷惑をかけないことが信条のようだ。だから重罪は犯さない。
脱獄してること自体がとても迷惑な話だが。

ついには陸の孤島、島全体が刑務所という脱獄不可能の場所へ。
しかしそこには鈴木雅之の父親が収監されていた。
父親を助け出すことが鈴木雅之の目的だったのである。

鈴木雅之は父親とおぼしき老人を連れ出し、
手製のハングライダーで脱出に成功する。
だがしかし胸には「富士」の入れ墨がない。
どうやら父親は助け出した部屋にいたもう一人の方だったようだ。

やっとの思いでここまでたどり着いたのに、
最後の最後で父親を間違えるというオチ。
確かに板尾らしい演出。

だがしかし、自分は少し違う解釈をしてみた。
鈴木雅之は本当に父親を間違えたのか?
ここまで周到に、計画通りに、淡々と事を運んできた鈴木雅之が。
「富士」の入れ墨を確認すればわかるだろうに。

おそらく鈴木雅之の目的は父親を助け出すことではなく、
父親への復讐だったのではないか?
生き別れた父に何らかの恨みがあったのではないか?
助け出す境遇にありながら、あえて別の人間を助け出す。
鈴木雅之の人生をかけた復讐劇。

そっちの方が板尾らしい気がするのは自分だけか。
d0151478_22132073.jpg

[PR]
by kuri9630 | 2010-09-14 22:44 | MOVIE
壮大なスケールの“動く絵本”である。

この作品を観るスタンスの違いから、
「世界観を楽しめた人」と「意味がよくわからず納得がいかない人」の
ふたつに意見が分かれるところだろう。

自分はとにかく、世界観を楽しめた。
嵐のシーンなど、海の描写がすばらしい。

今回はCGを使わず、オール手描きで作画されたらしい。
波の表現とか大変だっただろうに。

ちなみに、宮崎監督が出席した東京での封切日に、
上映中に震度3の地震が来て、津波警報が出たため、
宮崎監督は「ポニョがいる…」とつぶやいたらしい。
2008年7月19日毎日新聞より

ラストは確かに絵本ばりの強引さもあったが、
とにかく雰囲気を楽しむ映画ですな、これは。
d0151478_15155162.jpg

[PR]
by kuri9630 | 2008-08-04 15:16 | MOVIE
邦画はあまり観ないといっておきながら、またしても邦画の話。
内田有紀9年ぶりの主演作と聞いて観ないわけにはいかない。
d0151478_19164019.jpg

原作・監督は松尾スズキ。芥川賞候補にもなった同作品を映画化したらしい。

そして内田有紀はかわいい。

ストーリーは、
内田有紀演じるフリーライター佐倉明日香は、気がつくと手足を縛られ、真っ白な部屋の中にいた。
そこは、精神科病院の女子専用の閉鎖病棟で、しかも問題のある患者が入れられる通称“クワイエットルーム”。
なぜ自分がここにいるのかわからない佐倉明日香は、なんとかここを出ようとするが、やってきた恋人からは、睡眠薬とアルコールの過剰摂取だと知らされる。
少しでも早く病院を抜け出したいが、病院の厳しいルールと冷酷なナースの管理で、なかなか退院させてもらえない。
ほかの入院患者たちと日に日に打ち解けて、病院の生活に馴染みはじめるが、ある日、恋人が送ってきた手紙をある患者が勝手に読んでしまい、ここに来た本当の理由を知らされる。

という感じ。

共演は、宮藤官九郎、蒼井優、妻夫木聡、大竹しのぶ、りょう、といった豪華俳優陣。
閉鎖病棟という限られた空間の中で、個性的すぎるキャラたちが強烈なインパクトでいろんなドラマを巻き起こす。

そして内田有紀はかわいい。

ストーリーもよくできてて、非常に観ごたえがあった。

悩み多き現代人。
心にさまざまな悩みを抱える患者がいるが、その誰かに自分の姿を投影してして観てしまう。
生き方や日々の生活について考えさせられる作品。

そして内田有紀はかわいい。
d0151478_19165849.jpg

[PR]
by kuri9630 | 2008-03-31 19:18 | MOVIE

『キサラギ』観た。

普段、邦画はあんまし観ないんだが、
個性的なキャストに「何かが起こる…」と直感して観てみた。

いいね。やるね。

自殺したとされるアイドル「如月ミキ」の一周忌に集まったファンが、
最初はコレクションを見せ合うなど、ありきたりの事をしていたが、
一人が「自殺ではなく、殺された」と言い出したことから、思わぬ展開へと進んでいくストーリー。

マンションの一室というワンシチュエーションの設定と脚本の勝利ですな。

みなさんもよかったら観てちょ。

公式サイト

d0151478_17173153.jpg

[PR]
by kuri9630 | 2008-02-08 21:18 | MOVIE