なんにでも興味を持つ性分なので多彩なジャンルでお届けします。


by kuri9630
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:どうでもいい話シリーズ ( 6 ) タグの人気記事

よく映画や本のあらすじなどに使われる言葉「ひょんなこと」。

「ひょんなことから出会った二人は~」
「ひょんなことから森の中に迷い込んだ主人公が~」

「ひょん」って…。

この「ひょんなこと」とは一体何なのか?
唐突な設定をさらりとやり過ごすために使われる非常に便利な言い訳のようなこの言葉。

辞書で調べてみる。

「ひょんな」
思いがけないさま。意外な。奇妙な。


どうやら、たいしたことではないから省いてもいいということではなく、その逆の意味があるようだ。
思いがけなく、意外で、奇妙なことであれば、省かずにその場面についても取り上げてもらいたいものである。

もう一度言おう、「ひょん」って…。


この言葉の語源は何なのか?
調べてみるといろいろな説があることがわかる。

●その1「中国語の“凶”」説
中国語で「凶」は「ひょん(hiong)」と読むらしい。
「凶」には「予期せぬこと」「良くないこと」という意味があり、ここから「ひょんな」という言葉で使われるようになったという説。

●説2「いすのき(柞)という植物」説
別名をヒョン、あるいはヒョンノキという。
この木にできる実は、実ではなく昆虫の卵によるもので毛が密生し、他にあまり類のない姿をしていることから、意外で奇妙な様子を「ひょんな」というようになったという説。

●説3「いすのき(柞)という植物」説 その2
説2の実のようなものが風に吹かれると「ひょ~~ぅっ」と鳴ることからという説。

●説4「宿り木」説
ある木にまったく別の木がくっついて成長してしまうことがあり、これを「宿り木」という。
まったく別の木だけに、花が咲くときには一部分だけ違う色や形の花が咲いてしまう。
この状態を江戸時代には「ひょん」と呼んだことから、いつの間にか思いがけない事態を「ひょんな」というようになったという説。

●説5「ひょうたん」説
おかしな形状をしている「ひょうたん」が転じて「ひょん」となったという説。

●説6「変な」説
「変な」という言葉が転じて「ひょんな」になったという説。


いろいろな説があるが、どれももっともな感じがするし、そうでない感じもする。

ただひとつ言えることは、なぜこんなにも違った説があるのか?

この中の1つが本当で、それ以外は根も葉もないデマだとすると、
このこと自体が一番「ひょんなこと」ではないか。



以上、どうでもいい話でした。
[PR]
by kuri9630 | 2009-08-26 23:17 | DIARY?
非常に気になる。

殺人事件などのニュースでよく耳にする「鈍器(どんき)のようなもの」。

これはいったい何なのか?

「犯人は鈍器のようなもので被害者を殴打し、殺害に至ったとみられます」。

つまり、あたかも鈍器で殴ったと同じ様相を呈しているが、実際には鈍器ではなく、鈍器のようなものを使用しているということである。

では「鈍器」とは何なのか?
辞書で調べてみる。
(1)刃はないが、固く重みのある金づちや棒などのような器具。
(2)鋭利でない刃物。
「goo辞書」より

ここでも「~のような」が出てくる。
つまり、金づちや棒と同じ機能を果たせる器具ではあるが、実際は金づちでも棒でもない器具が「鈍器」である。
そして、さらにそんな器具でもないものが「鈍器のようなもの」なのである。

金づちや棒のようなもので殴られたが、実際何が凶器に使われたのかわからないのであれば「鈍器」でいいのではないか。

いったい「鈍器のようなもの」とは何なのか?

おそらく、でっかいゴリラでも、大手ディスカウントショップでも、ハンバーグのレストランでもない。


違う視点から考えてみよう。
犯罪のニュースでしか耳にしないが、どんな時に「鈍器のようなもの」が使用されるのか?

(例1)
自分より体力のある男に馬乗りになられ首を絞められている絶体絶命の状況で、がむしゃらに手を動かしていたら偶然つかんだ「鈍器のようなもの」で相手の即頭部を殴り危機を脱出したケース。

(例2)
自分が犯した犯罪を偶然他人に見られ、その他人が犯罪をネタに揺すりに来た際、他人がふと目をそらした瞬間に机の上の「鈍器のようなもの」に手を伸ばし、相手の後頭部を殴ったケース。

相手を痛めつけるため、もしくは絶体絶命の危機に瀕したとき、その人物の手には「鈍器のようなもの」が握りしめられているという。

しかし「鈍器のようなもの」は決して「鈍器」ではない。
金づちや棒で人を殴った場合と同じ効果が期待できる器具だが、実際はそういった器具でもないものが「鈍器のようなもの」なのである。
だから、片手で持てるサイズの石でもなければガラスの灰皿でもない。

いったい「鈍器のようなもの」とは何なのか?


これ以上考えてもきりがないので、以下に結論付けよう。

「鈍器のようなもの」とは、

『主に凶器として人を攻撃する際に使用されるが、その大きさ・形・色などは一切不明であり、今まで誰も見たことがない謎の物体』

である。


そんな謎の物体が凶器として使われている、とニュースではあたりまえのように言っているのである。たぶん。



以上、どうでもいい話でした。
[PR]
by kuri9630 | 2009-05-20 21:03 | DIARY?
北京オリンピックが閉幕した。

いろんな種目で世界新記録が出たが、
なかでも、圧巻だったのは陸上短距離のウサイン・ボルト。
100m、200mで2冠を達成したばかりでなく、両方とも世界新!

気象条件や競技場の特徴に大きく左右される陸上競技において、
この結果は驚きである。


まあ、それはいいとして。

さて、この陸上競技の世界、オリンピックで過去に実施され、
現在では実施されていない競技が結構ある。


以下、紹介してみよう。

○60m → 短い!

○200mハードル → 中途半端!

○3000m(団体) → 団体?

○4000m障害 → しんどいわっ!

○立ち幅跳び → 練習かっ!

○立ち三段跳び → 練習かって!

○立ち高跳び → だから、練習かって!

○重錘投げ (56ポンド) → 投げるものがよく分からん!

○砲丸投げ(両手投げ) → 何で両手?

○円盤投げ(両手投げ) → 何で両手なのかって!

○やり投げ (自由形) → 水泳かっ!

○1600mメドレーリレー → 何のメドレー?走り方?


実際に以前行われていた競技であるが、
これらは、たぶん、やっている最中に競技する側・観る側の双方が
「これ、つまんなくね?」となったに違いない。

ちなみに私は、小学校から大学まで陸上部に所属した、
いわゆる「陸上野郎」だったのだが、これらのほとんどの競技を
体験したことも、見たこともない…。


以上、どうでもいい話でした。
[PR]
by kuri9630 | 2008-08-25 21:44 | DIARY?
ドラえもん…。

いわずと知れた国民的英雄(ヒーロー)、いや、世界のスーパースター。
22世紀からダメ人間のび太の面倒をみるためにやってきた子守用ネコ型ロボット。
ちなみに生まれは2112年9月3日、マツシバロボット工場である。

ドラえもんについて話しはじめると、三日三晩話し続けるので、
薀蓄はこれくらいにしておこう。


ところで、ドラえもんをはじめ未来の世界ではロボットの存在はどのように位置づけられているのか?
人権と同じようにロボットの権利はあるのだろうか?

今は、ロボットは人間の道具でしかないが、未来の世界では人間と同じように話し、考え、生活している。
『ターミネーター』という映画ではロボットが、人間に対して戦争を仕掛けるといった出来事まで起きている。

感情を持ったロボットに対してどのような扱いをするべきなのか?
できれば、人権を認めてあげたいものだ。

現在の法律に当てはめてみると、ドラえもんは今の日本以外の場所、
つまり「外国」からやってきた「外国人」という扱いになるだろう。

では、外国人の人権とはどんなものか?

日本国憲法では、外国人には入国の自由は認められていない。
誰でも入国されると困るからだ。
その他の一般的な人権は、憲法の国際主義ということから認められている。

ということで、ドラえもんには外国人としての人権は認められてもおかしくない。
だがしかし、のび太の机の引き出しからいきなり現れたドラえもんは、
入国に必要な手続をしていない(はず)。
ゆえに、ドラえもんは不法入国者、つまり違法行為を犯していることになる。
d0151478_1583176.jpg


これは、22世紀の法律との兼ね合いからとても難しい問題であろうが。


だがしかし、問題はもっと別のところにある。

それは、ドラえもん自身の扱いではなく、ドラえもんが未来から現在の世界にやってきていることである。

ドラえもんは、よくタイムマシンで大昔に行ったときなどに、
未来を変えるようなことはしてはいけないと、えらい剣幕でのび太に怒ることがある。

ドラえもんのいる22世紀には「航時法」という法律が存在する。
それは、時間を旅するときはその時代の歴史を変えるような事をしてはいけないというもの。
これによるとドラえもんは、20世紀にのび太を助けるためにやってきたのだから、立派な違法行為をしているといえる。
さらにいうと、22世紀から彼をのび太に送りつけたのび太の孫の孫であるセワシ君も共犯者となり得るわけだ。
もちろんドラミちゃんも同様と考えられる。

しかし、このとき問題となるのが22世紀のネコ型ロボットに刑事責任能力があるのかということ。
刑法は第39条および第41条において心神喪失者・刑事未成年者の不加罰および心神耗弱者の刑の減軽を定めている。
いずれも、法律で禁じられていることが犯行時にまともに理解できる状態・状況であったかどうかの問題である。
精神の状態により善悪の区別が付かないもしくは区別が付いたとしてもそれに従って行動できないことをいう。

ちなみに酒を飲んで泥酔している状況は善悪の区罰が付かないので不加罰になるかというと、そうではない。
酒を飲むということは本人の意思にゆだねられ、自らの意思で善悪の区別が付かない状況を招いたのであれば、責任能力なしとはいえない。これを「原因において自由な行為」もしくは「結果において不自由な行為」という。


少々脱線したが、22世紀のネコ型ロボットは法律の内容を理解できる人間と同じという扱いであれば、ドラえもんは処罰される。
もしも責任能力がないのであれば、ドラえもんは不可罰となり、責任能力のないものを利用したとして、セワシ君の間接正犯が考えられる。セワシ君に責任能力があるのかという議論はきりがないのでやめておこう。


法律を無視して傍若無人な振る舞いをしているセワシ君、おそるべし。


傍若無人といえば、パーマン。

奴らは一体誰の許可を得て、正義の味方として暴れまわっているのだろうか?

私の記憶が確かなら、パーマンは日本のどの組織にも所属していない。
バード星からきたバードマンの手によって勝手に地球の平和を守っている。

つまり、パーマンが地球を守るためとはいえ、やっていることは国の仕事ではないので、
悪者に対しての暴力などは、違法行為であると考えられる。
いくら悪者であろうと個人の人権は守らなければならず、国による措置にまかせるべきでであろう。
この場合パーマン1号から4号の殺人未遂もしくは傷害罪もしくは暴行罪などが考えられるが、
パーマン1号、3号はまだ子どもで、2号に関しては猿なので、ここでもまた刑事責任能力があるかどうかが争点となる。
4号に関しては、年齢不詳なので何ともいえない。

ちなみにバードマンはというと、彼はバード星からパーマンを見つけるためにやってきたが、
無理矢理パーマンを決めつけて、地球の平和を守れと命令し、挙げ句の果てには正体がばれたら動物にするといっている。
この行為は脅迫罪にはあたらないのか?

だがしかし、前にも書いたように、バードマンは知らない星から来た生物。
異星人と考えられる生物に刑事責任能力があるかどうかが争点となるであろう。



ていうか、これはアニメの世界なのだからあまり深く考えてはいけない。



以上、どうでもいい話でした。
[PR]
by kuri9630 | 2008-07-03 15:14 | DIARY?

ある友人の話。
「タイムマシンは絶対に実現されない。なぜなら実現されていればもう来てるはず」。
そこで、自分は答えた。
「いや、もう来てる。しかしそれはタイムマシンではなくUFOと呼ばれているがな!」


…。


そうなのである。
UFOの正体はタイムマシンなのである。
宇宙のどこかわからんような所から飛んできているのではなく、
未来から飛んできているのだ。

この説は、今ではひとつの説として成立してるようだが、
私はこの説を中学生のときに思いついた。
思いついたとき、思わずガッツポーズが出た。
矢追先生に連絡しようと思ったが、
中学生という若さゆえ、断腸の思いであきらめた。

では、乗組員の宇宙人といわれる、やたら目のデカイ奴らは何なのか?

それは、「未来人」が精巧に創り上げた探索用ロボットである。
d0151478_1561992.jpg


20世紀~現在までの時代。
それは戦争の時代である。殺し合いの時代である。
そんな野蛮な人間が暮らす時代に、タイムマシンを開発する技術がある未来人が直接乗り込んでくるだろうか?
きっとロボットかなんかを使うに違いない。
まず偵察しといて、安全を確かめてから来ているはずだ。
だから時々「地球人そっくりの宇宙人」も目撃されるのだ。

戦争中、けっこうたくさんのUFOが目撃されたらしい。
それは、戦争という愚かなイベントを物珍しさに観光に来た未来人たちに違いない。

『20世紀の戦争体感ツアー~野蛮だった頃の人間の歴史を訪ねて~』(1泊2食付)

そうだよ、きっとそうだよ。

いろんなタイプのUFOが目撃されているが、いろんな星から来ているわけではない。
タイムマシンが開発された未来、タイムマシンは商品化されている。
まだ、セレブの乗り物であろうが、自由競争の世の中、
自動車のようにいろんなタイプのタイムマシンがあって当然である。


それから、ミステリーサークル。
これは何なのか?

宇宙船もしくは宇宙人によるものとされ、
宇宙からのメッセージとか、人類への警告とかいわれている。

だがしかし、真相は違う。違うったら違う。

これは「観光地」としてこの世界に訪れた未来人の落書きに過ぎない。
今でもビルの壁や看板などに意味不明なロゴっぽい文字をスプレーかなんかで、落書きしている輩がいる。
それと同じノリなのである。
ただ、高い技術力・科学力を持っているため、今の我々にはどうやって作られたのか解明できないだけなのだ。
いつの時代にも愚かな人間はたくさんいる。


認めたくないものだな、若さゆえの過ちというものを。


以上、どうでもいい話でした。
[PR]
by kuri9630 | 2008-06-26 15:05 | DIARY?
ひょんなことから、数字の単位について調べてみた。
一、十、百、千・・・・どこまであるのかと。

日本の場合、数字の単位は古来中国から伝わる漢数字を用いている。

この漢数字の単位(数詞)を用いて数を表記する方法を「命数法」というらしい。
命数法は、その国の言語によって異なる(一億二千万とか)。
これに対し、数字で表す方法を記数法というらしい(120,000,000とか)。

では、実際どこまで単位(数詞)は存在するのか?

十、百、千、万、億、兆。
と、ここまではおなじみ。ちなみに兆は10の12乗である。

その次からは、

京(けい、きょう)→10の16乗
垓(がい)→10の20乗
?(し)、??(じょ)→10の24乗 ※漢字表記できず(T T)
穰(じょう)→10の28乗
溝(こう)→10の32乗
澗(かん)→10の36乗
正(せい)→10の40乗
載(さい)→10の44乗
極(ごく)→10の48乗
恒河沙(ごうがしゃ)→10の52乗
阿僧祇(あそうぎ)→10の56乗
那由他(なゆた)→10の60乗
不可思議(ふかしぎ)→10の64乗
無量大数(むりょうたいすう)→10の68乗


後半はなぜか呪文みたいになっている。ルーツは仏教の経典らしいから、しょうがないが。
「無量大数」はなんとなくわかるが、その前の「不可思議」は…。
確かに不可思議と思えるような単位だが、考えた人が数える気がないような気もする。

一無量大数は、記数法に直すと、
100000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
になる(コンマは省略)。

なので、例えば、
一無量大数二不可思議三那由他四阿僧祇五恒河沙六万七千八百九十一は、
123450000000000000000000000000000000000000000000000000000000000067891
になる(コンマは省略)。



ふーん。





だがしかし、実はまだ続きがある。


矜羯羅(こんがら)→10の112乗
阿伽羅(あから)→10の224乗
最勝(さいしょう)→10の448乗
摩婆羅(まばら)→10の896乗
阿婆羅(あばら)→10の1792乗
多婆羅(たばら)→10の3584乗
界分(かいぶん)→10の7168乗
普摩(ふま)→10の14336乗
禰摩(ねま)→10の28672乗
阿婆鈐(あばけん)→10の57344乗
弥伽婆(みかば)→10の114688乗
毘?伽(びらか)→10の229376乗
毘伽婆(びかば)→10の458752乗
僧羯邏摩(そうがらま)→10の917504乗
毘薩羅(びさら)→10の1835008乗
毘贍婆(びせんば)→10の3670016乗


…。

もうええわ!


以上、どうでもいい話でした。
[PR]
by kuri9630 | 2008-06-24 12:50 | DIARY?