なんにでも興味を持つ性分なので多彩なジャンルでお届けします。


by kuri9630
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ガンダム、静岡に立つ!

とうとうこの日がやってきた。
静岡(模型の世界首都)の原寸大ガンダム。
静岡ホビーフェアというイベント会場内で展示されている。
http://www.shizuoka-hobbyfair.jp/
お台場のときは見逃した。

レッツゴー!

まずは新幹線で名古屋から静岡へ。
車内では当然、駅弁。
d0151478_215247.jpg

秋だね〜。

そして静岡駅から東静岡駅へ。
さくらももこ画の「ようこそ静岡へ」的なタペストリー。
d0151478_2164018.jpg

ロボットの絵が…。

いよいよ会場へ。よし着いた!
d0151478_2174927.jpg

そして向こうには、おおっ!何か見える。
d0151478_218418.jpg

となりの巨大なタコらしきものも気になるが。
会場内には水でザクの絵を描いているおっちゃんの姿も。
d0151478_2193822.jpg

うまいなぁ。

そしてついにお目見え。
d0151478_21101010.jpg

キターッ!キターッ!原寸キターッ!

記念撮影。
d0151478_21114916.jpg

ニコニコ顔のおっさん二人。

ちょっと休憩して静岡名物黒はんぺん(のフライ)とビール。
d0151478_21125488.jpg

店のおばちゃんの対応が異常に悪い。

歴代ガンプラ一覧。
d0151478_21135213.jpg

ガンプラ30周年ロゴ。
d0151478_21142850.jpg


さっきの水で絵を描いていたおっちゃん、今度は砂でガンダムを。
d0151478_21151474.jpg

う、うまい。見えるかな?

いきなり始まった、しのぶちゃんモノマネライブ。
d0151478_21232042.jpg

誰?

そして同じ会場内のホビーミュージアムへ。
原寸大コアファイター、キターッ!
d0151478_21165495.jpg

ガンプラ、キターッ!
d0151478_21172991.jpg

ボールもキターッ!
d0151478_21175622.jpg

ラストシューティング、キターッ!
d0151478_21182325.jpg

ジオラマも、キターッ!(ジオラマの神様作らしい)
d0151478_21191069.jpg

ボトムズも、キターッ!
d0151478_21193118.jpg


そして外に出ると、

とうとう、

d0151478_21201445.jpg

ライトアップ、キターッ!

おんなじポーズしてみた。
d0151478_21215368.jpg

安彦立ち。

そしてアップ。ど迫力。
d0151478_21221450.jpg


いやはや、すばらしい。

大満足で会場を後にして、夜の部へ。
静岡駅に戻って、静岡の海の幸を味わおうというのである。
場所は駅ビルの中にある「八丁蔵」という店。

静岡といえばこれ。
しらすと桜えび。両方とも生がないのが残念。
d0151478_21253982.jpg

ウマー!

続いて、地魚の盛り合わせ。
d0151478_21282328.jpg

ウマー!

そして、ハマグリの酒蒸し。
d0151478_212853100.jpg

ウマー!

さらに、金目鯛の開き。
d0151478_21292268.jpg

ウマー!

ウマー!ウマー!日本酒に合うウマー!

いい旅だった。

よしよし。


d0151478_2254848.jpg

[PR]
# by kuri9630 | 2010-11-15 21:31 | DIARY?

鍋奉行

秋も深まり、今年も鍋の季節がやってきた。
ここ3年くらい買おうかどうしようか悩んでいたが、
とうとう買ってしまった。
d0151478_21493616.jpg

土鍋。その名も「鍋奉行」。

ご覧の通り、奉行?の顔をしている。
ふざけているように見えるが、れっきとした常滑焼。
フタのちょんまげが熱くならなくて持ちやすいという優れもの。
家族用よりは小さいが、底が深くて結構たくさん入る。

これはいいものだ。

この冬は鍋奉行をめざそう。

そして鍋奉行をめざすために買ったのがこの本。
d0151478_21532783.jpg

そのままだが。

これでこの冬はもらった。



だがしかし、大満足で家に帰ったところに悲劇が待ち受けていた。

とりあえず買った本を本棚に入れようとしたところ、





!!





d0151478_21553113.jpg



…。

去年も買ってたね!この本。

全然進歩ないみたいだね!僕。

左側が去年買ったもの。まったく同じだが。

しかし1年経過してやや黄ばんでいる。ぷぷっ。

「変わらないことは、変わっていくことより難しい」

誰が言ったか知らないが、この言葉を信じよう。



よしよし。
[PR]
# by kuri9630 | 2010-10-25 21:59 | DIARY?
板尾創路の長編映画デビュー作。

どんな刑務所に収容されても驚異的な身体能力と
奇想天外なアイディアで脱獄する男・鈴木雅之。
人は彼を「脱獄王」と呼び、英雄視していた。

しかし、何度脱獄してもすぐに捕まる。
しかも、必ず線路沿いを逃げていて捕まる。
そしてまた刑務所に収監される。
そしてまた脱獄する。この繰り返し。

看守長ほか登場人物も、観ている側も、
徐々に何かおかしいと気づきはじめる。
なぜ脱獄を繰り返すのか?目的は何なのか?

脱獄を繰り返し、徐々に重い罪で収監される鈴木雅之。
ついには島全体が「檻」ともいうべき刑務所に。

ここで鈴木雅之が人生をかけた真の目的が明らかになるのである。

ハッピーエンドでもなく、感動するでもなく、
あんなかたちの落としどころでまとめたこの作品は、
お笑い芸人・板尾創路のこだわりが感じられる。
アレが監督した作品よりよほどおもしろい。


ーーー以下ネタバレ注意ーーー


鈴木雅之が人生をかけた真の目的とは何なのか?
子供の頃に生き別れた父親に会うためだった。

鈴木雅之が父親に会ったときの思い出。
それは父親が追いかけられている最中だった。脱獄したのか?
鉄棒をしていた鈴木雅之と少し話をする程度。
追っ手が近づいてきたためにすぐに逃げていく。線路沿いに。

父親の胸には「富士」の入れ墨。
鈴木雅之の胸には「逆さ富士」の入れ墨。
鉄棒で逆上がりしたときに父親の入れ墨を見た印象が強いらしい。

小さな罪で捕まっては脱獄を繰り返し、徐々に重い刑に処せられる。
借りがある看守長が休みの日にあえて脱獄をして看守長の立場を守る鈴木雅之。
人様に迷惑をかけないことが信条のようだ。だから重罪は犯さない。
脱獄してること自体がとても迷惑な話だが。

ついには陸の孤島、島全体が刑務所という脱獄不可能の場所へ。
しかしそこには鈴木雅之の父親が収監されていた。
父親を助け出すことが鈴木雅之の目的だったのである。

鈴木雅之は父親とおぼしき老人を連れ出し、
手製のハングライダーで脱出に成功する。
だがしかし胸には「富士」の入れ墨がない。
どうやら父親は助け出した部屋にいたもう一人の方だったようだ。

やっとの思いでここまでたどり着いたのに、
最後の最後で父親を間違えるというオチ。
確かに板尾らしい演出。

だがしかし、自分は少し違う解釈をしてみた。
鈴木雅之は本当に父親を間違えたのか?
ここまで周到に、計画通りに、淡々と事を運んできた鈴木雅之が。
「富士」の入れ墨を確認すればわかるだろうに。

おそらく鈴木雅之の目的は父親を助け出すことではなく、
父親への復讐だったのではないか?
生き別れた父に何らかの恨みがあったのではないか?
助け出す境遇にありながら、あえて別の人間を助け出す。
鈴木雅之の人生をかけた復讐劇。

そっちの方が板尾らしい気がするのは自分だけか。
d0151478_22132073.jpg

[PR]
# by kuri9630 | 2010-09-14 22:44 | MOVIE

天国に行った後輩へ。

以前働いていた会社の後輩が癌で亡くなった。
1歳年下。早すぎる死。

とても器用な男で、デザインだけじゃなくカメラも撮れるようになった。
愛嬌のある男で、誰からも可愛がられていた。
そして、
責任感の強い男で、体が蝕まれてからも周囲の反対をよそに仕事に出ていたらしい。

病気に気づいたのは約1年前。もう手遅れの状態だったようだ。
そんなこと全然知らなかったよ。すまなかったな。

一緒に仕事をしていたときは、2人でいろんなところにロケに行った。
何かと大変だったけど楽しかった。
また一緒に仕事したかったな。

一番の思い出は愛知万博か?あの入場者数が最も多かったときのロケ。
あのときは今日と同じくらい暑くで大変だったな。


シゲ、本当に死んだのか?


通夜で彼の母親がつぶやいた。
「額の写真の中に収まってくれて安心した」。
写真はいつも元気な彼らしい表情。
ご家族にとってもつらい時期だったんだな。

顔を見ると精一杯闘ったことがすぐにわかったけど、
表情はとても穏やかだった。


苦しい思いをしたんだから、
今はゆっくり休んでほしい。


お疲れさん。

d0151478_21311666.jpg
[PR]
# by kuri9630 | 2010-09-02 21:31 | DIARY?

流しそうめんマシーン

ここ3年くらい、毎年夏になると悩み続けてきたがとうとう買ってしまった。


d0151478_18303294.jpg

流しそうめんマシーン。
家庭で手軽に流しそうめんが楽しめる。

わかってる、わかってるって。
1~2回使って飽きることは。

しかし、男にはそれでも挑まなければならないときがある…。

さっそく試してみる。
d0151478_18331714.jpg


よし整った。スイッチ、オン!












流れない。

麺がまったく流れない。

麺は底に沈んだまままったく流れない。

水の量を調整してみるが流れない。

麺の量を調整してみるが流れない。
d0151478_1835358.jpg

噴射口みたいなとこから泡が出てるだけ。

しかも音が結構うるさい。

ほとんど食べ終わった状況でもまだ流れない。

これはどういうことか?
[PR]
# by kuri9630 | 2010-07-27 23:29 | DIARY?