なんにでも興味を持つ性分なので多彩なジャンルでお届けします。


by kuri9630
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:MOVIE( 9 )

板尾創路の長編映画デビュー作。

どんな刑務所に収容されても驚異的な身体能力と
奇想天外なアイディアで脱獄する男・鈴木雅之。
人は彼を「脱獄王」と呼び、英雄視していた。

しかし、何度脱獄してもすぐに捕まる。
しかも、必ず線路沿いを逃げていて捕まる。
そしてまた刑務所に収監される。
そしてまた脱獄する。この繰り返し。

看守長ほか登場人物も、観ている側も、
徐々に何かおかしいと気づきはじめる。
なぜ脱獄を繰り返すのか?目的は何なのか?

脱獄を繰り返し、徐々に重い罪で収監される鈴木雅之。
ついには島全体が「檻」ともいうべき刑務所に。

ここで鈴木雅之が人生をかけた真の目的が明らかになるのである。

ハッピーエンドでもなく、感動するでもなく、
あんなかたちの落としどころでまとめたこの作品は、
お笑い芸人・板尾創路のこだわりが感じられる。
アレが監督した作品よりよほどおもしろい。


ーーー以下ネタバレ注意ーーー


鈴木雅之が人生をかけた真の目的とは何なのか?
子供の頃に生き別れた父親に会うためだった。

鈴木雅之が父親に会ったときの思い出。
それは父親が追いかけられている最中だった。脱獄したのか?
鉄棒をしていた鈴木雅之と少し話をする程度。
追っ手が近づいてきたためにすぐに逃げていく。線路沿いに。

父親の胸には「富士」の入れ墨。
鈴木雅之の胸には「逆さ富士」の入れ墨。
鉄棒で逆上がりしたときに父親の入れ墨を見た印象が強いらしい。

小さな罪で捕まっては脱獄を繰り返し、徐々に重い刑に処せられる。
借りがある看守長が休みの日にあえて脱獄をして看守長の立場を守る鈴木雅之。
人様に迷惑をかけないことが信条のようだ。だから重罪は犯さない。
脱獄してること自体がとても迷惑な話だが。

ついには陸の孤島、島全体が刑務所という脱獄不可能の場所へ。
しかしそこには鈴木雅之の父親が収監されていた。
父親を助け出すことが鈴木雅之の目的だったのである。

鈴木雅之は父親とおぼしき老人を連れ出し、
手製のハングライダーで脱出に成功する。
だがしかし胸には「富士」の入れ墨がない。
どうやら父親は助け出した部屋にいたもう一人の方だったようだ。

やっとの思いでここまでたどり着いたのに、
最後の最後で父親を間違えるというオチ。
確かに板尾らしい演出。

だがしかし、自分は少し違う解釈をしてみた。
鈴木雅之は本当に父親を間違えたのか?
ここまで周到に、計画通りに、淡々と事を運んできた鈴木雅之が。
「富士」の入れ墨を確認すればわかるだろうに。

おそらく鈴木雅之の目的は父親を助け出すことではなく、
父親への復讐だったのではないか?
生き別れた父に何らかの恨みがあったのではないか?
助け出す境遇にありながら、あえて別の人間を助け出す。
鈴木雅之の人生をかけた復讐劇。

そっちの方が板尾らしい気がするのは自分だけか。
d0151478_22132073.jpg

[PR]
by kuri9630 | 2010-09-14 22:44 | MOVIE
壮大なスケールの“動く絵本”である。

この作品を観るスタンスの違いから、
「世界観を楽しめた人」と「意味がよくわからず納得がいかない人」の
ふたつに意見が分かれるところだろう。

自分はとにかく、世界観を楽しめた。
嵐のシーンなど、海の描写がすばらしい。

今回はCGを使わず、オール手描きで作画されたらしい。
波の表現とか大変だっただろうに。

ちなみに、宮崎監督が出席した東京での封切日に、
上映中に震度3の地震が来て、津波警報が出たため、
宮崎監督は「ポニョがいる…」とつぶやいたらしい。
2008年7月19日毎日新聞より

ラストは確かに絵本ばりの強引さもあったが、
とにかく雰囲気を楽しむ映画ですな、これは。
d0151478_15155162.jpg

[PR]
by kuri9630 | 2008-08-04 15:16 | MOVIE
今年11月に公開される『Xファイル』の劇場版第2弾のサイトがオープンした。

どうやら副題は『真実を求めて』に決まったようだ。

以前も紹介したが、この副題はネットで公募された。
募集開始初日だけで800件を超え、1カ月の間に応募総数は約2万通に達したそうだ。

自分もはりきって応募しようとする旨の内容をこのブログに書いたが、
いつの間にか締め切りを過ぎていた。

残念。

自分ならもっといい副題を思いついた、と憎まれ口をたたいておこう。


少し気になるのが、公式サイトのストーリを呼んでみたが、
宇宙人やUFOとのからみがないようだ。
この作品のメインテーマでもあるはずなのに、不可解。

たぶん宇宙人もUFOも出てくるんだろうけど。

とにかく楽しみ。

→ 公式サイト

d0151478_22152111.jpg


d0151478_22154882.jpg

[PR]
by kuri9630 | 2008-07-11 22:15 | MOVIE
相変わらず、ティムバートンの世界観はすばらしい。長年この作品の映画化を熱望しており、前回はスケジュールの都合で監督を断念したティム・バートン渾身の一作であろう。

ミュージカルはあまり好きではないが、そのへんはあまり気にならなかった。

スウィーニー・トッドは、イギリスで150年以上のロングランを記録する人気ミュージカルの主人公。もともとは、18世紀のロンドンで都市伝説化した殺人鬼である。日本でいうところの口裂け女といったところか。時のイギリスは産業革命。栄華を誇ったビクトリア王朝の時代、おいしい思いをしている上流階級とは正反対に、奴隷のような扱いを受ける下流階級と呼ばれる人々が、時代を風刺するものとしてこの都市伝説は生まれたらしい。

その後、試着室で誘拐されるとかいった類の都市伝説が数多く現れたのも、もとはこの伝説が発祥といわれているらしい。

ジョニー・デップは、歌はともかく、さすがの演技ぶり。長年の恨みを晴らそうと、冷酷で鬼気迫る表情は見事。
そして、ヘレナ・ボナム=カーターは、目のまわりに「クマ」を書いて演技させたら世界一である。もとの顔を正直ちゃんと見たことがない。
いじわる判事は、『ダイ・ハード』でテロリストの親玉ハンスを演じて、ブルース・ウィルスに高層ビルから思いっきり落とされたアラン・リックマン。憎たらしい役がうまい。

映像は、ゴッサムシティのように全体が色彩落とし目で、モノクロっぽくしているので、その分、鮮血の赤が強調されている。さすがバートン。

しかし、ジョニー・デップ目当てで観た人なのだろうが「気持ち悪い。もう観たくない。」とかいってるレビューをよく目にするが、この作品は、あの『スウィーニー・トッド』なのだ。人を食べないゾンビ映画がおもろいか?ジェイソンが人を殺さず一緒にキャンプファイヤーやればおもろいか?(ちょっとおもしろいかもしれないが)
剃刀で人の喉を切って、その後人肉パイにするから『スウィーニー・トッド』なのである。そうそう。

ラストは、復習からは何も生まれないことを暗示させ、ちょっと切ない。


【STORY】
18世紀のロンドン。フリート街で理髪店を営んでいるベンジャミン・バーカーは、美しい妻に恋をした悪徳判事ターピンの陰謀で、無実の罪を着せられ、投獄されてしまう。15年後、やっとの思いで脱獄したバーカーは、アンソニーという船乗りに助けられ、スウィーニー・トッドと名を変えロンドンに戻ってきた。フリート街へとたどり着いたトッドは、かつて家族と共に暮らしていた家の大家で、『ロンドン一まずいパイ屋』の女主人・ラベットと再会する。そして彼女から、残された家族がたどった悲惨な運命を聞かされて復讐を誓う。

d0151478_21404862.jpg

[PR]
by kuri9630 | 2008-07-01 21:41 | MOVIE
青春を捧げたというといいすぎだが、
過去、類のないほどハマったドラマシリーズ『X-FILES』。

その劇場版新作映画が11月から公開されるらしい。
劇場版は2作目となるが、非常に楽しみ。

そんななか、この作品の日本語の副題を募集するという
キャンペーンが開催されている。

原題は、モルダーの信条である、
「I Want to Believe(直訳:私は信じたい)」が副題として決まっているらしい。
そのコンセプトに添ったかたちで、日本語版を募集するというもの。
ちなみに前作の副題は「Fight the Future(未来と闘え)」だった。

詳しくはこちら

○最優秀賞受賞者
最優秀者 1名 / 優秀者 2名

○最優秀賞品
監督クリス・カーター他キャスト来日時の記者会見及びジャパンプレミアご招待(予定)
○優秀賞品
映画撮影で使用した小物各1点ずつ

…。

プレミア行きたい。小物もほしい。何か知らんが。


応募してみようかな。

でも落選すると少し恥ずかしいな。一応、コピーライターもやってるし…。

d0151478_1948332.jpg




[PR]
by kuri9630 | 2008-05-17 19:48 | MOVIE
邦画はあまり観ないといっておきながら、またしても邦画の話。
内田有紀9年ぶりの主演作と聞いて観ないわけにはいかない。
d0151478_19164019.jpg

原作・監督は松尾スズキ。芥川賞候補にもなった同作品を映画化したらしい。

そして内田有紀はかわいい。

ストーリーは、
内田有紀演じるフリーライター佐倉明日香は、気がつくと手足を縛られ、真っ白な部屋の中にいた。
そこは、精神科病院の女子専用の閉鎖病棟で、しかも問題のある患者が入れられる通称“クワイエットルーム”。
なぜ自分がここにいるのかわからない佐倉明日香は、なんとかここを出ようとするが、やってきた恋人からは、睡眠薬とアルコールの過剰摂取だと知らされる。
少しでも早く病院を抜け出したいが、病院の厳しいルールと冷酷なナースの管理で、なかなか退院させてもらえない。
ほかの入院患者たちと日に日に打ち解けて、病院の生活に馴染みはじめるが、ある日、恋人が送ってきた手紙をある患者が勝手に読んでしまい、ここに来た本当の理由を知らされる。

という感じ。

共演は、宮藤官九郎、蒼井優、妻夫木聡、大竹しのぶ、りょう、といった豪華俳優陣。
閉鎖病棟という限られた空間の中で、個性的すぎるキャラたちが強烈なインパクトでいろんなドラマを巻き起こす。

そして内田有紀はかわいい。

ストーリーもよくできてて、非常に観ごたえがあった。

悩み多き現代人。
心にさまざまな悩みを抱える患者がいるが、その誰かに自分の姿を投影してして観てしまう。
生き方や日々の生活について考えさせられる作品。

そして内田有紀はかわいい。
d0151478_19165849.jpg

[PR]
by kuri9630 | 2008-03-31 19:18 | MOVIE
1973の作品をリメイクした同作品。
主演はニコラス・ケイジ。オリジナル作品のファンだったらしい。
d0151478_211135100.jpg

ニコラス・ケイジ扮する警官のもとに、失踪した婚約者から、娘が行方不明なので助けてほしいという手紙が届く。そこで、婚約者の故郷の島を訪れるが、島民たちは娘の存在を否定する。何やら秘密めいた島民たちの妨害によって捜査は進展しないが、その島の謎が明らかになったとき、主人公は驚愕の場面に遭遇する。

というようなストーリー。

観おわったときは、まあ、こんなもんかと思った。
ある程度、驚きのラストだった。

でも、その後オリジナル版との違いを調べてみたところ、
なぜこんなふうに作ってしまったんだろうという、疑問が残る。

この映画は、独自の生活様式や思想を持つ島で
主人公(鑑賞者も)が感じる違和感や、島民の狂気などが
もっと前面に出て、あのラストにつながるべきじゃない?

作り方がうまくない。
オリジナルのあらすじを見て、
やっとそうしたかったのね。とわかる。
しかし、シスター・ローズはかわいい。

ラジー賞に5部門ノミネートされたのもうなずける。

ていうか、オリジナルが観たい。
クリストファー・リーも出てるし。


オリジナルはアマゾンで¥36,000。

高い。


今回はちょっと辛口で。
[PR]
by kuri9630 | 2008-03-03 22:59 | MOVIE

ウォンカ・チョコレート

あえてこの時期にチョコレートがらみの話をしてみる。

チャーリーとチョコレート工場』という映画がある。
2005年に製作された同作品は傑作中の傑作。

未だに携帯電話の目覚ましのメロディは、
「Wonka's Welcome Song」にしているほど。
(そんなにすごいことではないが…。)

ティム・バートンの世界観はやっぱりすばらしい。

だがしかし、今回は映画の話ではなく、
映画の中に登場する「ウォンカ・チョコレート」の話。

確か、DVDが発売される2006年。
「ウォンカ・チョコレート」が発売されているという情報を聞きつけ、
仕事を抜け出し東急ハンズへ。

だがしかし、バレンタインシーズンだったためか、残念ながら売り切れ。
店内には「Wonka's Welcome Song」が流れてるのに…。
しょぼーん、として会社に帰った。
チョコレートだけにビターな思い出、いや、おもひで。

だがしかし、今年。
とうとうゲットしましたよ。「ウォンカ・チョコレート」。
結構な数売ってて、逆にがっかりしたけど。
d0151478_1728694.jpg


さっそく、食べてみる。


映画を観ながら。







甘いね!ノドが焼けるほどに!
[PR]
by kuri9630 | 2008-02-13 20:14 | MOVIE

『キサラギ』観た。

普段、邦画はあんまし観ないんだが、
個性的なキャストに「何かが起こる…」と直感して観てみた。

いいね。やるね。

自殺したとされるアイドル「如月ミキ」の一周忌に集まったファンが、
最初はコレクションを見せ合うなど、ありきたりの事をしていたが、
一人が「自殺ではなく、殺された」と言い出したことから、思わぬ展開へと進んでいくストーリー。

マンションの一室というワンシチュエーションの設定と脚本の勝利ですな。

みなさんもよかったら観てちょ。

公式サイト

d0151478_17173153.jpg

[PR]
by kuri9630 | 2008-02-08 21:18 | MOVIE