2008年 03月 31日

  • 『クワイエットルームにようこそ』観た。
    [ 2008-03-31 19:18 ]

『クワイエットルームにようこそ』観た。

邦画はあまり観ないといっておきながら、またしても邦画の話。
内田有紀9年ぶりの主演作と聞いて観ないわけにはいかない。

原作・監督は松尾スズキ。芥川賞候補にもなった同作品を映画化したらしい。

そして内田有紀はかわいい。

ストーリーは、
内田有紀演じるフリーライター佐倉明日香は、気がつくと手足を縛られ、真っ白な部屋の中にいた。
そこは、精神科病院の女子専用の閉鎖病棟で、しかも問題のある患者が入れられる通称“クワイエットルーム”。
なぜ自分がここにいるのかわからない佐倉明日香は、なんとかここを出ようとするが、やってきた恋人からは、睡眠薬とアルコールの過剰摂取だと知らされる。
少しでも早く病院を抜け出したいが、病院の厳しいルールと冷酷なナースの管理で、なかなか退院させてもらえない。
ほかの入院患者たちと日に日に打ち解けて、病院の生活に馴染みはじめるが、ある日、恋人が送ってきた手紙をある患者が勝手に読んでしまい、ここに来た本当の理由を知らされる。

という感じ。

共演は、宮藤官九郎、蒼井優、妻夫木聡、大竹しのぶ、りょう、といった豪華俳優陣。
閉鎖病棟という限られた空間の中で、個性的すぎるキャラたちが強烈なインパクトでいろんなドラマを巻き起こす。

そして内田有紀はかわいい。

ストーリーもよくできてて、非常に観ごたえがあった。

悩み多き現代人。
心にさまざまな悩みを抱える患者がいるが、その誰かに自分の姿を投影してして観てしまう。
生き方や日々の生活について考えさせられる作品。

そして内田有紀はかわいい。

■  [PR]
by kuri9630 | 2008-03-31 19:18 | MOVIE
トップ

なんにでも興味を持つ性分なので多彩なジャンルでお届けします。
by kuri9630
お気に入りブログ
リンク
タグ
最新のトラックバック
原JAPAN関連話題
from 気になる話題のメモ帳
記録は破られる?
from Anything Story
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
XML | ATOM

skin by excite